リハビリ後に何が起こりますか?

早朝、草の中を犬とジョギングしている男永続的な回復への道のりのほんの一歩です。入院治療は、の症状を安定させるのに役立ちます 薬物乱用 またはメンタルヘルスの問題ですが、それだけで十分なことはめったにありません。リハビリを離れる人々はまた、一貫したサポートと安定した環境を残します。



「リハビリを離れると、実際の生活が始まるので、回復は本当に始まります。回復は、健康、幸福、バランスを見つける生涯のプロセスです」と述べています。 シンシアターナー 、LCSW、LSATP、MAC。ターナーはバージニア州アッシュバーンのセラピストで、 アルコールおよび薬物中毒

リハビリ後に何を期待するか:回復の課題

家族、友人、またはキャリアを後にすることは困難な場合がありますが、回復中の多くの人々は、リハビリ後の生活よりもリハビリの課題がはるかに難しいと感じています。リハビリは、愛する人との葛藤や ストレス キャリアの。中毒から回復した人々は、古い友人と時間を過ごすときに再び使いたくなるかもしれません。ストレス、退屈、そして慣れ親しんだ設定はすべて トリガー そのため、回復にはリハビリの壁を越えた包括的な戦略が必要です。



リハビリ後の回復:治療の継続

リハビリを離れる人々は継続的な支援が必要です。メンタルヘルスまたは薬物乱用の治療は、移行を容易にし、再発のリスクを減らすことができます。いくつかのオプションが含まれます:

  • 次のようなサポートグループ会議への参加 匿名のアルコール依存症 。一部のリハビリ施設では、元居住者向けのサポートグループを提供しています。これらのグループは、継続性と安定性の感覚を提供できます。
  • 心理療法に登録します。心理療法はリハビリの仕事に基づいており、回復期の人々が健康的なライフスタイルを育むのを助けることができます。
  • 根本的な身体的健康問題への取り組み。心身の健康は密接に関連しています。たとえば、 慢性の痛み 処方オピオイドにはまっています。
  • 仮想サポートを検討しています。さまざまなアプリで監視できます 気分 、回復をサポートし、健康的なライフスタイルを導くためのヒントを提供します。



治療センターを探す

すべての人に単一のアプローチが機能するわけではありません。ほとんどの施設は、居住者が去る前に長期的な回復プログラムを設計するのに役立ちます。あなたのニーズ、ライフスタイル、および経済的制約を評価することは、治療の正しい組み合わせを指し示すことができます。

リハビリ後も健康を維持する:ライフスタイル戦略

健康的なライフスタイルは、2つの方法で長期的な回復をサポートします。まず、それは全体的な健康を改善します。第二に、それはからの気晴らしを提供します 渇望 または痛みを伴う 感情

リハビリ後の回復をサポートできる効果的なライフスタイル戦略は次のとおりです。

  • たくさんの運動をする。運動はのリリースを増やすことができます ドーパミン 、へ 神経伝達物質 それはやる気と喜びの気持ちを促進します。
  • 健康的な睡眠スケジュールを採用する。
  • あなたの回復をサポートし、理解している愛する人と時間を過ごします。
  • 新しい趣味を採用。人々のために 棄権 薬物やアルコールから、新しい趣味は薬物乱用の健康的な代替手段を提供します。
  • 薬物乱用に関連する習慣を避ける。たとえば、以前は特定のバーで飲んでいた場合は、新しい場所で人に会ってみてください。
  • ストレスを管理する 瞑想 、 治療 、 ジャーナリング 、友人と話す、または視覚化。



参照:

  1. Gordon、A。J.&Zrull、M。(1991)ソーシャルネットワークと回復:入院治療から1年後。薬物乱用治療ジャーナル、8(3)、143-152。 doi:10.1016 / 0740-5472(91)90005-u
  2. Gossop、M.、Stewart、D。、およびMarsden、J。(2008)。ナルコティクスアノニマスおよびアルコール依存症の匿名会議への出席、薬物依存症の居住治療後の出席頻度および物質使用の結果:5年間の追跡調査。中毒、103(1)、119-125。 doi:10.1111 / j.1360-0443.2007.02050.x
  3. グスタフソン、D。H。、マクタビッシュ、F。M。、チー、M。、アトウッド、A。K。、ジョンソン、R。A。、ボイル、M。G。、。 。 。 Shah、D。(2014)。アルコール依存症からの回復をサポートするスマートフォンアプリケーション。 JAMAサイキアトリー、71(5)、566。doi:10.1001 / jamapsychiatry.2013.4642
  4. Sutoo、D。、&Akiyama、K。(2003)運動による脳機能の調節。病気の神経生物学、13(1)、1-14。 doi:10.1016 / s0969-9961(03)00030-5